外来種

しじみの値段相場は?

しじみの栄養の高さはかなり昔から知られているのですが、近年ではさらにその注目は高いものとなってきています。
健康のために毎日摂るように心がけているという人もいると思いますが、どんなに体によいものであったり、美容に良いものであったりしても続けて摂るようにするためには価格がとても重要なものとなります。

しじみはとても手ごろな価格でスーパーなどで簡単に手に入れることができる食材となっているのですが、そうはいってもやはり相場というものがあります。

まずは産地ですが、宍道湖や十三湖が有名なものとなっています。
水質が良い環境の中で育つために栄養価がとても高く、おいしいものとなっていますが、宍道湖や十三湖に関しては一つのブランドとなっていますから相場の方も他と比べると少々高めとなっています。

通常、スーパーなどで販売されているものに関しては1キロ当たり3000~5000円程度となっているのですが、これはあくまでも生の物で、販売されている地域もある程度決まってきているのかもしれません。

全国どこでもということになると1キロ2000円程度で販売されているものが一般的でしょう。
これは冷凍になりますが、販売されている時にはその違いは見ただけではよくわからないかもしれませんね。

しじみの時期というのは、夏と冬の二回あるのですが、この時には、普段よりも相場も少々があります。
そしてこの時期が過ぎてしまうとその後で回るのは冷凍のしじみと考えるとよいでしょう。

もちろん産地の場合には常に新鮮なものを食べることができるかもしれませんが、一般的に販売され食べているのは冷凍の物ということですね。
でも冷凍の物であるからこそ安定した価格で販売され1年を通じていつでも手に入れることができます。

最近ではしじみは冷凍した方が栄養価が高くなるということが言われていますから日ごろから栄養価の高いものを購入していたということになるのかもしれませんね。

さらに安いものということであれば中国産などはさらに相場が下がります。
また大きさによってもちがってきますが冷凍の場合には大きく変化するということはありません。

1年を通じて販売されているしじみは1キロ2000円位となる冷凍物となりますが、一度冷凍することで栄養価が高くなることがわかっていますから安く栄養価の高いものを手に入れることができるということになります。
近年では中国などからの輸入物も多くなってきており相場よりも安いものも多いのですが、しじみのような二枚貝は水中の多くの栄養素を摂り込むことからきれいな水で育ったものの方が安心であり、栄養価も高くおいしいものとなります。